キャラクタービジネス市場について[2022年]

人気キャラクターを活用した企業プロモーションをサポートするサービス「キャラサポ」です。
今回はキャラクターとのコラボレーション マーケティング施策をする際に大切なキャラクタービジネス市場について株式会社矢野経済研究所の調査内容をもとに解説をいたします。
株式会社矢野経済研究所が日本国内のキャラクタービジネス市場を調査し、
市場規模推移(セグメント別)、動向・将来展望(キャラクター別)を2022年7月11日に発表しました。



キャラクタービジネスの2022年度の市場は前年度比101.3%の2兆6,198億円と予測(VTuberなどヒットキャラクターの認知度が向上し、市場規模は増加予測)。



キャラクタービジネス市場規模推移

※矢野経済研究所調べ
※“商品化権”とは、商品に付帯してキャラクターを使用する権利であり、小売金額ベースにて算出
※“版権”とは、出版権、広告宣伝費やイメージキャラクターとしての使用権などであり、契約金額ベースにて算出
※2022年度は予測値
※矢野経済研究所調べ
※“商品化権”とは、商品に付帯してキャラクターを使用する権利であり、小売金額ベースにて算出
※“版権”とは、出版権、広告宣伝費やイメージキャラクターとしての使用権などであり、契約金額ベースにて算出
※2022年度は予測値



2021年度キャラクタービジネス商品化権市場 分野別構成比

※2021年度市場規模:1兆2,563億円
※矢野経済研究所調べ
※小売金額ベース
※ホームファッションにはベッドリネン・シング、タオル製品、ナイトウェア・ホームウェア、ホームファニチュア、キッチン・テーブルウェアなどが含まれる
※2021年度市場規模:1兆2,563億円
※矢野経済研究所調べ
※小売金額ベース
※ホームファッションにはベッドリネン・シング、タオル製品、ナイトウェア・ホームウェア、ホームファニチュア、キッチン・テーブルウェアなどが含まれる



市場概況

キャラクタービジネス市場規模(商品化権、版権)は2021年度前年度比102.5%の2兆5,863億円となった。
“クマーバチャンネル”のような動画から生まれたキャラクターの活躍により市場が好調に推移したことに加え、アニメがヒットした“呪術廻戦”や“エヴァンゲリオン”、横浜山下ふ頭のGUNDAM FACTORY YOKOHAMAオープンによる“機動戦士ガンダム”の人気再燃などによって、キャラクタービジネスは活況を呈した。

キャラクタービジネス市場は版権と商品化権とで構成され、商品化権市場(小売金額ベース)は2021年度前年度比101.8%の1兆2,563億円、版権市場(契約金額ベース)は同103.1%の1兆3,300億円となり、版権市場、商品化権市場ともにプラス成長となった。
版権はアニメ視聴の機会増によりアニメキャラクターの起用が活発になったことで好調に推移。
商品化権では、コロナ禍の巣ごもり需要を背景にプラモデルやフィギュアが好調な売れ行きを示した。



注目トピック

VTuber(バーチャルユーチューバー)人気が上昇
VTuber(Virtual YouTuber)とは主にユーチューブ等のライブ配信やSNSなどインターネットメディアでCG描画されたキャラクター、あるいはそのキャラクターを用いて動画投稿・生放送を行う配信者の総称と言われている。
2次元・3次元のキャラクターでもアニメやゲームとは違い、直接生放送で視聴者とのやりとりが可能なことから人気が高まった。
なお、2022年6月にはバーチャルライバーグループを運営する企業が東京証券取引所グロース市場に新規上場するなど、若い世代を中心にVTuberは新しいキャラクター市場を形成している。

キャラクターを商品として売っていくだけの時代は終焉しており、ライブ感のあるイベントを開催することにより参加体験によりキャラクターブランドの価値を高め、グッズ販売など物販も含めた収益化につなげる取り組みが高い効果を上げている。
イベント開催から物販につなげるためのストーリー・道筋がますます重要となっている。



将来展望

メディアミックス“ウマ娘”、アニメ“SPY×FAMILY”、特撮“ウルトラマン”などバラエティに富んだキャラクターの活躍によって、
キャラクタービジネス市場規模(商品化権、版権)は2022年度前年度比101.3%の2兆6,198億円になると予測する。
2022年度はテーマパークのグッズ販売が前年度から一転して好調になることに加え、VTuberやSNSから火が点いたヒットキャラクターの認知が進むなど好調となる要因が多い。
また、新型コロナ対策を徹底して開催している舞台やミュージアムなどの集客ビジネスがまだ本調子とは言えないものの、底堅く推移すると判断する。



キャラクタービジネス(作品とのコラボレーション)の市場を活用し成功するにはトレンドを抑えておくことが重要です。
市場動向を注視し当コラムで順次解説していきます。



人気キャラクターを活用した企業プロモーションにご興味をお持ちになりましたら、“キャラサポ”にお気軽にご相談下さい。



商品・サービスのプロモーション施策でお困りの方
人気キャラクター
コラボタイアップをして
競合他社に差をつけませんか!

  • 認知獲得
  • 販売促進
  • 市場規模拡大
  • 波及効果
詳しくはこちら

記事一覧に戻る

御社商品をあのドラマ・映画に
登場させるプロモーション

プロダクトプレイスメント

プロダクトプレイスメントWEBサイトメインビジュアル