「お買いものパンダ」とのコラボレーション宿泊施設2号店「Rakuten STAY 東京浅草」がオープン!

2021.10.11

via ©︎楽天LIFULL STAY提供
「Rakuten STAY 福岡薬院」に続き、「Rakuten STAY 東京浅草」がオープンとなり、和テイストの限定ルームや限定アメニティが展開されている。

「お買いものパンダ」宿泊施設2号店をオープン!

「Rakuten STAY 東京浅草」は、「お買いものパンダ」と浅草の風情をどちらも楽しみながら滞在できる宿泊施設です。エントランスには「お買いものパンダ」のイラストが描かれた周辺マップや特大のぬいぐるみが置かれ、建物に入った瞬間から「お買いものパンダ」の世界観を体感することができます。21室が設けられた「お買いものパンダルーム」は、浅草のランドマークである浅草寺の風神雷神と隅田川の2種類のテーマに分かれています。部屋のあちこちには、浅草寺や人力車、屋形船や花火などの浅草の文化や風物詩を楽しむ、本施設限定の「お買いものパンダ」と「小パンダ」のイラストが数多くあしらわれています。さらに「お買いものパンダルーム」の宿泊者は、限定デザインの巾着ポーチやマスクケース、スリッパなどのアメニティを持ち帰って利用することもできます。



「お買いものパンダルーム」(風神雷神デザイン)
「お買いものパンダルーム」(風神雷神デザイン) via ©︎楽天LIFULL STAY提供
今回のお買いものパンダルームは浅草らしさあふれる風神雷神と隅田川をテーマにした2タイプのお部屋が楽しめ、お買いものパンダ達は浅草に合わせて着物を着ているデザインになっている。
和をコンセプトとした限定のアメニティセットや部屋のデザインがされており、浅草観光に来る海外の方にも向けてアピールすることができ、キャラクターのファンを新規に取り込むことにもつながると思われる。

さらに「Rakuten STAY東京浅草」のオープンを記念して6月28日から「楽天トラベル」のTwitter上とInstagramで開始されたフォロー&RT(Twitter)、フォロー&コメント(Instagram)だけで応募できる「お買いものパンダルームの無料宿泊券プレゼントキャンペーン」は既に5000RTもされており、(7月2日時点)盛り上がりを見せている。
※キャンペーンは7月12日で終了

また、お買いものパンダの公式Twitter上では、お買いものパンダと小パンダがお部屋に泊まっている様子や着物に着替えて浅草巡りをしている様子が掲載されており、多くのファンから「可愛い」という声や「絶対にお部屋に泊まりに行く。」などの声が上がっている。



「お買いものパンダルーム」(隅田川デザイン)
「お買いものパンダルーム」(隅田川デザイン) via ©︎楽天LIFULL STAY提供



「Rakuten STAY 東京浅草」限定アメニティセット
「Rakuten STAY 東京浅草」限定アメニティセット via ©︎楽天LIFULL STAY提供



「お買いものパンダルーム」ツインから見える景色(風神雷神デザイン)
「お買いものパンダルーム」ツインから見える景色(風神雷神デザイン) via ©︎楽天LIFULL STAY提供



「Rakuten STAY」について

「Rakuten STAY」は、民泊や簡易宿所の運営を希望する法人・個人の不動産オーナーに対して、楽天が「Rakuten STAY」ブランドを貸与し、楽天LIFULL STAYが、導入のコンサルティングから施工、清掃などの運用まで、委託会社の協力を得て一括して運用代行を行うサービスである。利用者は「Rakuten STAY」を導入した施設に宿泊すれば、どこでも一貫したコンセプトに基づいた設備やアメニティグッズ、付帯サービスを利用することができる。民泊を利用したことがないお客様も安心して民泊や簡易宿泊所を利用できる環境を整えることで、宿泊・民泊市場全体の拡大を目指している。2021年6月28日時点で、全国に30施設(「Rakuten STAY東京浅草」含む)を展開している。
「Rakuten STAY」: https://stay.rakuten.co.jp/



まとめ

その部屋限定のキャラクターのデザインや限定アメニティを展開していくことで、ファンが喜ぶ取り組みとなっている。また、ファンは各地にある限定部屋を周り、地域を訪れるためお買いものパンダルームを展開している地域への貢献にもつなげることができる。
キャラクターを活用したプロモーションはただキャラクターを起用するだけでなく、どうアプローチしていくのかが重要となるため、ファンが喜んでくれるキャンペーンや企画を考えていくことがとてもカギとなる。



追記

コロナ禍によりホテル業界は集客を伸ばすための施策が重要となっており、その中の一つである、キャラクターとコラボしたコンセプトルームは、ファンにとってたまらない空間となっており、近年増加している。
「Rakuten STAY 東京浅草」と「Rakuten STAY 福岡薬院」に設けられた「お買いものパンダルーム」は、通常のルームに比べて約1.5倍弱(参考値)の稼働となっており、そのうち「Rakuten STAY 東京浅草」に関しては、施設内で一番料金が高い最上階ツインのお買いものパンダルームの宿泊が最も多く、施設全体の宿泊予約を押し上げている状況であるという。
実際に訪れたお客様の声では、ホテルの部屋内に描かれた「お買いものパンダ」や「小パンダ」の写真を撮り、「楽しく過ごせた」というお声や「限定アメニティもかわいい!」という声を多くいただいており、「人数分あって嬉しかった、他の旅行の時にも使っている」といった声が多数あると伺った。



商品・サービスのプロモーション施策でお困りの方
人気キャラクター
コラボタイアップをして
競合他社に差をつけませんか!

  • 認知獲得
  • 販売促進
  • 市場規模拡大
  • 波及効果
詳しくはこちら

記事一覧に戻る

御社商品をあのドラマ・映画に
登場させるプロモーション

プロダクトプレイスメント

プロダクトプレイスメントWEBサイトメインビジュアル